犬について考える

冬はこの病気に気をつけろ!ワースト5!!前編

情報掲載日:2016年12月13日

最近ますます気温が下がり、いよいよ冬本番!という雰囲気…。

「犬は喜び庭駆け回り♪」なんて歌もありますが、毎年「コタツで丸くなる♪」派の犬のほうが多い気がしています。

寒さに強い!と歌われている犬も今となっては暖かい室内で過ごすことが多くなり寒さに弱くなりつつあります。

そこで、私も犬を飼う飼い主として気になることがこちら!!

 

「冬に発症しやすい病気について」

 

人間にも冬に発症しやすい病気と夏に発症しやすい病気があります。

夏に発症しやすいといえば、熱中症があげられますが、皆さんは冬に発症しやすい病気についてご存知でしょうか。

知っていれば予防できるかもしれない!知って損はない!そんな知識をランキング形式で確認していきたいと思います。

 

 

冬に発症しやすい病気 第5位

呼吸器系の疾患

本来、犬の呼吸器は人間よりも丈夫です。

しかし、低気温・低湿度といった冬ならではの気候で、呼吸器系の抵抗力が外からの刺激に対して弱くなってしまうのは人間と同じ!

これにより、細菌やウイルスによる感染症が起こりやすくなります。気管支炎や肺炎がそうです。

よく咳をしたり、常に鼻水が出ている状態はウイルス感染や気管支の炎症が考えられます。

 

 

冬に発症しやすい病気 第4位

伝染性の疾患

伝染性の疾患とは、ジステンパーやパルボウイルスといったものです。

最近では予防接種がかなり普及しましたが、冬はウイルスが活発に活動する時期なので完全に予防できる!という油断は禁物!

急に元気がなくなり高熱が出て下痢をする場合はジステンパーの疑いが、激しく嘔吐して血便をする場合はパルボウイルスの疑いがあります。

 

 

冬に発症しやすい病気 第3位

心臓循環器の疾患

心臓循環器の疾患には弁膜障害などがありますが、他の病気の症状と似ているので発見するのはなかなか難しいもの…。

病気を見つける目安としては、咳と体重に注目する必要があります。

小型犬が高齢になって急に咳き込むようになった場合や、特に思い当たる理由もないのに短期間で1割以上体重が減ったなんて場合は要注意!!

心臓疾患を疑ってみたほうがいいでしょう。

 

これらの病気は悪化すると命に関わります。

それは大変!

では、どのように発見し、どのように予防すればいいのでしょうか…。

 

呼吸器系の疾患・伝染性の疾患・心臓病の疾患には多く含まれるキーワードが2つあります。

それは「咳」「ウイルス」です。

 

犬の体調の変化を察知するには、「咳」に注目!!

湿った咳か渇いた咳か、というのも大事なポイントの一つです。

クシュンクシュンとくしゃみのような咳は、細菌による肺炎の疑いがあり、ゴホンゴホンといった喉の奥からものを吐き出すような湿った咳の場合は、心臓病の可能性があります。

冬は冷たい空気によって呼吸器が刺激され、咳が出やすくなります。

病気発見の機会だと思って、愛犬の様子に十分注意してみましょう。

 

冬の病気予防には、まず「ウイルス」予防!!

まず、部屋の通気をよくすること。

そして、乾燥する日には加湿器をつけること。

細菌やウイルスの感染を弱めるという部分では人間にも当てはまるものばかりです。

細菌やウイルスは、閉めきった部屋に充満しています。時々窓を開けて外のきれいな空気を部屋に取り入れましょう。

そして、適度に部屋の湿度を保つことは咳などの症状を和らげるのに役立ちます。

 

ところで、適度な湿度とは…。そこが問題です。

ずばり、40〜60%くらいと言われております。

湿度が低いと(40%以下)ウイルス増殖の原因に…。湿度が高いと(60%以上)ダニやカビ増殖の原因に…。

どちらも恐ろしい。

見落としがちな湿度ですが、気を配れば人間も犬も感染症予防になり、一石二鳥!!

簡単に始められる予防から試みていきましょう!

 

次回は、第2位と第1位についてお話ししたいと思います!

つづく

 

 

皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0