投稿

フジテレビ、よくやった。ガス室に送られる犬たちの映像を放映

9月23日フジテレビの番組「ニュースジャパン」で捨て犬が殺処分される映像が含まれていたため、その賛否をめぐって話題になっています。



ガス室に送り込み、犬がもがき苦しんでいく映像を見たいと思う人はほとんどいないとは思います。ましてや、自分が買った犬がパピーミールの悪徳ブリーダーからのワンちゃんだとは知りたくもないでしょう。また認めたくもないでしょう。「自分の子はきっとよい環境で生まれたに違いない…」

当然、暗澹たる気持ちになります。しかし、だからと言っていい歳した大人が現実から目をそらしてどうするんだと思います。大人がサンタクロースを信じてていいのだろうか?

誰しもが、「ペットショップで売れ残った動物はどうなるんだろう?」という疑念が一瞬かもしれませんがよぎったことがあるでしょう。しかし、そこで追求が終わってしまうのは、やはり現実を知りたくない現われなのでしょう。そして現実逃避をし続けている人々の数が多いから、今でもペットショップで犬を売れる環境を提供してしまっているのでしょう。

売れ残った犬はどうなるのでしょう?大手のペットショップが、保健所に「こんにちわぁーきょうは10頭処分おねがいしまーす」と頼むわけにはいかない。なので専門の回収業者があまった動物、フェレット、猫、ハムスター、などなどを二束三文で引き取り、ドッグフードやキャットフードになるのです。そしてこのフードを、愛犬が何も知らずに喜んで食べているのが現実の世界です。

「そんなこと、私には関係ない。私は日本の社会を変えるために犬を飼ったのではありません。いいんです、愛犬と楽しい時間を過ごせるなら」

確かにそうでしょう。しかし、私たちの短い一生の中で、よりよい社会を築き上げるのも一つの役目なのではないでしょうか?誰もが不満を抱いている今日の社会はまさに、見たくないものはみず、触らぬ神に祟りなしの結果です。

人には現実を知り、人の業を客観的に受け入れ、改善できるところから始めればいいのではないでしょうか?

えらそうに述べましたが、私も行動よりもクチばっかりの人間です。動物を通して見えてくる人の情けなさ(自分)を少しでもあらためていかなくては…


ぽちっとご協力をお願いいたします♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0