投稿

ホットドッグの正体は、ダックスフントだった!

長いソーセージをパンにはさんで食べる「ホットドッグ」。誰もが一度は食べたことがあるポピュラーなスナック。

でも、どこからどう見ても犬には見えませんよね?なんでドッグ?



ソーセージといえばドイツ☆

20世紀初頭、ドイツ人がニューヨークの野球場でソーセージを販売していたのですが、売り上げがいまいち上がりません。野球観戦をしているときに両手がふさがるのを観客は嫌がります。そこでなんとか、焼きたてのソーセージを片手でもてるようできないものか、悩みました。そこで思いついたのがパンにはさむ作戦。

これが大ヒット!飛ぶように売れました。

この長いソーセージは、ドイツで作られていてドイツ人はその長さがダックスフントに似ていたので「ダックスフンド」という愛称で親しまれていました。

そしてある日、米国の漫画家がこのソーセージを紹介しようとしたのですが、翻訳が面倒だったようで「熱いダックスフンド」とは訳さずに「ホットドッグ」と訳してしまったのが、定着したというのが「ホットドッグ」の由来なんですねー

ちなみにハンバーガーもドイツ人が発明?したものらしいですよ。

皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。
ありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村

人気ブログランキングへ

皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0