投稿

問題行動が起こる前に、トレーニングをする

おはようございます。 ぷーち、関です。 本日のテーマはトレーニングをするタイミングに関して。 しつけやトレーニングをする意識は国よって違います。 ドイツやイギリスでは問題行動が起きないようにトレーニングをするという意識。 一方、日本では問題が起きてたら治すという意識が多い傾向にあります。 問題行動が起きる前にトレーニングやしつけをするということは、犬が比較的若い時期に勉強をするということ。 若い時期に勉強したことは、年を重ねているワンチャンよりも確実に定着します。それもずっと早く覚えることができます。 他方、問題が起きてからトレーニングを始めるワンチャンはすでに成犬に近いか、もしくはそれ以上なので何をするにも時間がかかってしまうし、定着しずらくなります。 しつけやトレーニングが定着しずらいということは、それだけ問題行動を治すのに時間がかかる。つまり、それにかかる費用も高くなっていきます。 ですので、問題行動が起きる前にしつけやトレーニングをするということは、短期間で、確実に、しかも安く行える、というメリットがあります。 これからワンチャンと一緒に生活を始めようとしている方、転ばぬ先の杖として早めにしつけとトレーニングをおすすめいたします☆ Good Dog Good Life☆ 皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。 ありがとうございます☆ にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0