投稿

Animal Control

シェルターには沢山の犬が閉じ込められています。 幸運であれば新しい家族に迎えいれられます。 しかし、一度家族に引き取られてもその後同じシェルターに戻される事がとても多いのです。 そしてシェルターに戻ってきた犬が再び新しい家族にもらわれる可能性はずっと低くなります。 シェルターの中は、犬にとって大変不快な環境です。 馴染みのないにおい。 見知らぬ犬達。 空間や餌を巡っての争い。 ストレスによって攻撃的になる犬。 予測できない人間達の行動。 その過酷な環境は犬の行動や性格に大きな影響を与えます。 多くの人は犬との楽しい生活を夢みています。 かわいくなつっこい犬、トイレも出来る、大人しいいい子を望んでいます。 シェルターにはいっていた犬たちは大きな精神的ストレスを受けています。 どのような行動を起こしても不思議ではありません。 そのような事態を想定していない人が犬を引き取ると犬はすぐにシェルターに戻されます。 上記はカナダの犬の雑誌の情報ですが、日本の保健所の場合はどうでしょうか。 日本の保健所は日の当たらない場所にある印象です。 詳細を知っている人、中を見た事がある人はほとんどいないのではないでしょうか。 例えば千葉の保健所にいる犬たちはあまりにも悪環境にいるため一般の人が直接引き取るのは難しい状態です。体は汚れ、ノミダニがつき、数多くの犬と同じ空間にいたため病気を持ってる可能性も高いです。 シェルターから衝動的に引き取る人はいなくとも、日本ではペットショップやネットで簡単に犬を飼ってしまうのが大きな問題です。 ?????????-??? 下記は、USA,ミラーズヴェルのシェルターの詳細です。 1ドル=80円計算(おおよその料金です) 引き取り料金 犬             2万円 7歳以上の犬        6500円 うさぎ・チンチラ ハリネズミ         2200円 インコ           1200円 フィンチ          800円 鳩・鶏・ネズミ       400円 フェレット         4300円 ドッグライセンス取得料金 未去勢・未避妊の犬     5600円 去勢・避妊済みの犬     3000円 タグ            400円 引き渡し料金 ライセンスなしの犬     1万3000円 ライセンスなしの攻撃的な犬 3万600円 ライセンスありの犬     6500円 ライセンスありの攻撃的な犬 2万5000円 宿泊料金 一般的な犬   1500円 攻撃的な犬   2000円 火葬 5kg以下の犬   2200円 日本よりもずっと詳細が決まっていますね。 他の国の決まり事を知る事は私たちの問題点の解決のための大きなヒントとなります。 攻撃的な犬の料金が高ければそうならないように仔犬の頃からしつけようとおもうでしょう。 去勢の有無で大きく値段が違えばその重要性や効果を知ろうとするでしょう。 小さな事から変化させていけば良いと思うのですが、なかなか日本は【規則を変える】ということにはとてつもなく腰が重いようです・・・ 人も動物も充実した日々が過ごせますように。 devote my life to dogs☆By midori ぽちっとお願いします♪ にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0