犬について考える

ピンと立つ耳の秘密

情報掲載日:2018年9月8日

こんにちは!

前回は尻尾のお話をしました。

今回は耳のお話です!!

 

犬のトレーニング,しつけ,飼い方:

 

みなさん、「断耳」という言葉はご存知でしょうか。

わんちゃんの耳がピーんと立つように短く切る事を言います。

断尾に続き聞いただけで痛そうですが、

・シュナウザー

・ドーベルマン

・ミニチュア・ピンシャー

・ボストンテリア

・グレートデン

・ボクサー

などが代表的な断耳される犬種です。

では、断耳を行う理由とはなんなのでしょうか?

 

断耳の目的は昔と今とで違います。

昔の断耳の目的は、

・耳が長いと外敵に噛まれやすい為

・噛まれた際致命傷を負わないようにする為

・狩猟の際に枝などに引っかからないようにする為

などがあります。

 

しかし、現在ではかつての理由だった実用的な目的ではなく、

犬種らしさを守るために行われていることが殆どです。

例えば、

・その姿がスタンダードである為

・見た目の良さを追求する為

・耳の病気を防ぐ為

・聴覚を高める為

などがあります。

 

しかし、断耳をし立ち耳にしたからと言って耳の病気を防ぐ、

聴覚を高めるといった事に医学的な根拠はありません。

 

断耳をし、ピンと立った耳のわんちゃんは確かに精悍な印象ですよね。

本来の垂れ耳の姿のわんちゃんは対照的にどこか優しげな印象があります。

どちらの耳のわんちゃんも可愛らしく、好みは人それぞれです。

しかしこれを機に、ぴんと立つ耳には断耳という秘密が隠されていることを知っていただければ幸いです

 

皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。