トレーニング

トレーニングブログ「お散歩編」REOくん

情報掲載日:2019年5月6日

今回ご紹介するのは、

ドーベルマンのREOくんです!

犬のトレーニング,しつけ,飼い方:

 

「ドーベルマン」という犬種を耳にして

「大きくて怖い!!!」「凶暴なんじゃないの?」

「噛んでくるんじゃない!?」

なんて思われる方も多いのでは!?

 

たしかに見た目は、大きくてがっちりとしていて迫力がありますが、

実はとっても賢い犬種です!!!o(^_-)O

 

第一次世界大戦中には軍用犬として働き、

現在も優れた能力を活かし

警察犬や麻薬捜査犬、盲導犬として大活躍しています!

 

もちろん、軍用犬や番犬として働けるということもあり

警戒心や縄張り意識が強く、

時には攻撃的になることもありますが

常に攻撃性が高いというわけではありません!!

通常は、「こういう場合には攻撃をする!」という

訓練を受けているからこその行動です。

 

ですが、幼い頃から「やって良いこと」と「やってはいけないこと」

をきちんと教わっていないと、

「こういう場合には攻撃をする」という指示がない場合にも

攻撃的になってしまうことがあります。

 

ですので、幼い頃のトレーニングがとても大切です!

しかし、幼い頃でもとても力強く

わんちゃんを飼うのが初めてという方には、

扱いきれない部分があるかもしれません・・・-_-b

 

また、ドーベルマンはとても活発な犬種なので、

たくさん運動をさせてあげる必要があります!

幼い頃にトレーニングを行い、

「やって良いこと」と「やってはいけないこと」が分かっていたとしても

運動量が足りていないと、ストレスが溜まり問題行動をするようになってしまいます・・・

 

気軽に飼える犬種ではありませんが、

しっかりと関わる時間を作り、トレーニングを重ねることで

最強のパートナーにもなれます!(^○^)

 

REOくんも攻撃的な様子は一切なく

とっても穏やかで他のワンちゃんと遊ぶことが大好きです!

 

そんなREOくん、

お散歩トレーニングを頑張ってくれました!

 

REOくん、プーチ に来てすぐは

とってもわがままなお散歩をしていました・・・( ´△`)

自分の行きたい方向には突き進み、

行きたくない方向の時は、立ち止まってしまっていました・・・m(_ _)m

 

お散歩トレーニングは、スタート(お散歩に出る前)が肝心です!

玄関や門から出る前に興奮をしていたら扉は開けずに

落ち着いてからスタートです! 

理想は、オスワリやフセをさせてからスタートです!

興奮している状態でスタートしてしまうと、

お散歩中はもっともっと大興奮してしまい

コントロールが難しくなってしまいます。

 

お散歩中にも興奮して引っ張ってしまうようでしたら、

一度立ち止まり、落ち着いてもらうようにしましょう!

 

REOくん、3週間のトレーニング期間中に

お散歩でのルールをしっかりと理解してくれました♪

まだお散歩中に右往左往してしまうこともありますが、

トレーニング前に比べると、とても落ち着いて歩けるようになりました!

 

これからもお散歩を楽しみながら、トレーニングも頑張ってね!

また元気なレオくんにお会いできることを楽しみにしております♪

皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。