犬の飼い方・しつけ方

いったりきたり…常同行動とは?

情報掲載日:2011年2月19日

動物園で同じ場所をひたすら行ったり来たりしている動物達を見た事ありませんか? よく見かける行動だと思います。 そのような行動をしている動物たちは本来生きていくのとあまりに違う環境と、狭いスペースに閉じ込められたストレスで精神異常になってしまっているのです。 同じ行動や行為を何度も繰り返し続ける事を【常同行動】といいます。 常同行動は犬にも見られます。 ぐるぐる回転する、ジャンプし続ける、 特によく見られるのが何かをひたすらなめ続ける行為です。 犬が自分の足をなめて毛がはげてしまったり、床を延々となめていたりしたら常同行動を疑ってみてください。何か大きなストレスを抱えている可能性があります。 犬のストレスを軽減するためには、やはりなんといっても運動です。散歩を長くするのではなく、へとへとに疲れるような運動をさせて、ぐっすり眠れる環境をつくってあげてください。 人にとってストレスは万病の元、犬にとっても同じです。 心と体に大きな影響が起こります。 ストレスフリーな生活を目指しましょう☆ 皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。 ありがとうございます☆ にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへにほんブログ村 人気ブログランキングへ

皆様のぽちっと♪とっても励みになっております。